JJ1WTL's Repeater Directory

更新履歴)(説明)(とは) [29MHz][430MHz][1200MHz][2400MHz][5600MHz][10.1GHz] (Menu

レピータ局とは

  1. レピータ局とは
  2. FMトランシーバからの無線電波を中継(repeat)し,交信範囲を広げるための無線局です.
    図(1)に,動作の概要を示します.

  3. 周波数帯
  4. レピータ局用としては,つぎの周波数帯が用いられています:

    29.61〜29.69MHz(出力)
    29.51〜29.59MHz(入力)
    唯一の29MHzレピータ:29.62MHz JP3YHY 兵庫県神戸市灘区六甲山町西谷山
    439.02〜439.98MHz (出力)
    434.02〜434.98MHz (入力)  
    ごく一部に「逆シフト」――入出力の周波数が反対――,別トーンもあります.
    1291.02〜1292.98MHz (出力)
    1271.02〜1272.98MHz (入力)
     
    2425.02〜2426.46MHz (出力)
    2405.02〜2406.46MHz (入力)
     
    5765.02〜5766.10MHz (出力)
    5725.02〜5626.10MHz (入力)
     
    10,245.02〜10,245.98MHz (出力)
    10,175.02〜10,175.98MHz (入力)
     

    ここで『出力』『入力』というのは,以下のとおりです:

    出力

    入力

  5. 使用方法
  6. レピータ局を使用するためには,トランシーバがもつ次の機能を使用します:

  7. 一般的注意事項――JARL制定『レピーター局使用上の注意』から要約

更新履歴)(説明)(とは) [29MHz][430MHz][1200MHz][2400MHz][5600MHz][10.1GHz] (Menu
Ryota "Roy" Motobayashi, JJ1WTL